Ads by Google


プロフィール

光之助

Author:光之助

100%自分原因説の研究サイト

クリエイティブパワーを使った
願望実現の記録ブログです。


マリアさんの新刊


100%自分原因説の参考書








ほめられサロン


フルベール化粧品のお店

 ザ・マツリヤ

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:出雲大社見聞録
今日も仮拝殿では神事の真っ最中でした。
畏みながら携帯で一枚撮らせていただきました。
朗々と祝詞を唱える神主さんと、斜め後ろで畏まる巫女さん。
荘厳というよりも、清楚さを感じます。


$夢はきっと叶う!


御仮殿の後方には、御本殿があります。
いま屋根の葺き替え作業中で、
屋根は全面、檜の皮を敷き詰められると聞いています。



$夢はきっと叶う!


今年中には屋根の葺き替えが終わって、
プレハブは撤去されることでしょう。
新年には新しい屋根の御本殿が見られかもしれません。

こちらは、御本殿の聖域入口の八足門。


$夢はきっと叶う!


ここから先は元日から3日間しか開放されません。

八足門の手前の石畳に、茶色の丸が3つ並んで見えますね。
これは、ヴィジュアル的なデザインではありません。
じつは、いにしえの出雲のおおやしろには、
この位置に↓こんな大きな柱が立っていたのです。


$夢はきっと叶う!


古き時代の出雲大社は、かなり高層の建造物だったようです。


<続く>

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:出雲大社見聞録
神楽殿到着!
境内を出て小川を渡ればすぐです。

神楽殿は比較的新しい建物で、昭和56年に造営されました。
ここでは御祈願や結婚式が執り行われます。


$夢はきっと叶う!


いかがですか、神楽殿のしめ縄の迫力!
長さ13m 周囲8m 重さ5t、日本一のしめ縄です。
このしめ縄、左巻きになわれているのわかりますか?
出雲大社だけではないと思うけど、
左巻きのしめ縄はめずらしいと思います。

右巻きのしめ縄は外から魔が入らないように結界を張り、
左巻きのしめ縄は、内側に魔を封じ込める意味があると
聞いた事があります。

そうであるのなら、出雲大社には
何が封じ込められてあるのでしょうね?

あと・・・
このしめ縄に硬貨を投げて差し込むと良い事がある
という都市伝説があるようですが、
これは近年に作られた迷信です。
しめ縄もお賽銭箱も、投げ込むものではありません。
何よりも、大切なしめ縄を傷つけないでほしいです。
年間何万人もの人が投げつけたらボロボロになりますから・・・


$夢はきっと叶う!


こちらは、神楽殿の前にある天高くそびえる日の丸。
掲揚塔の高さは47m、国旗は75畳分で日本一の大きさです。
6畳の和室12.5室分の布が空を泳いでいるんですよ~

この近辺には、
日本一の人工物がいくつもあります。

日本一の大鳥居
日本一の参道
日本一のしめ縄
日本一の日の丸
日本一の石造り灯台
そして今は形はないけど
日本一の木造高層神殿

おとなしくて穏やかだと言われる出雲地方の人だけど、
その深層意識の奥には日本一を目指す、
野心家の意識が眠っているのかもしれません。
古代出雲王朝の意識がそれをさせるのでしょうか?


<続く>

DATE: CATEGORY:出雲大社見聞録
参拝が終わりました。

参道をたどって勢溜へもどります。
子宮から産道を通って生まれ変わるわけですね。

では、銅鳥居から御仮殿へ一礼。

参道わきには、天然芝で覆われた広場があります。
警備員さんに聞いたら、
自由に歩いて良いとの事でしたので歩いてみます。
今日は暑いので通過するだけにしました。

木陰にはベンチもあるので。
しばし自然の氣と神さまの氣に浸ったり、
気功をされる方は素足で立って、
氣の交流をしてみるのも良いかもしれません。
でも、あまり派手なパフォーマンスをしたり、
奇声を発したりすると、かなり目立ちます(笑)


$夢はきっと叶う!


トコトコ歩いて勢溜まで戻ってきました。
参道正面の鳥居から望む、神門通りと大鳥居です。
(小っちゃくて見えないかな?)


$夢はきっと叶う!


順番が逆になってしまいましたが、これが日本一の大鳥居です。
バディサイズは、高さ約23m 柱の円周6m 直径2m です。
中央の額面は、6畳敷き分もの大きさがあるんですよ。


$夢はきっと叶う!


まだまだ伝えきれないものがありますが、
この辺で出雲大社の参拝記録は終りにしたいと思います。

旧暦10月の出雲は神在月。
全国の神さまが集われるこの時期に、
ぜひ出雲大社と出雲路を体験してみてくださいね。
大国主命はじめ、神さま達は大喜びされると思います。

それでは、失礼します。
ありがとうございました。


<終わり>

DATE: CATEGORY:出雲大社見聞録
「出雲大社は知ってるけど、
 出雲大社って何県にあるんだっけ?」

そんな人もいるのかもしれないですね。
いや、けっこう多いような気がします。

出雲大社の所在地は、島根県出雲市です。

「島根県?」
「どこだっけ?」

(^^;;;

そんな人のためにGoogle mapを貼り付けておきます。

そう言えば・・・
故・竹下 登さんは島根出身の人で、
総理大臣になった時、
週刊誌に島根の事がよく特集されてありました。
「明日なくなっても氣が付かない県」
なんて書いてある記事もあったなぁ(T_T)ヒドイ!

↓島根県は、そして出雲大社は、ここっ!


$夢はきっと叶う!



大きな地図で見る

DATE: CATEGORY:出雲大社見聞録
境内に入ってすぐの右手奥には、神こ殿があります。
(「こ」の変換ができません。「示偏に古」と書きます。)


$夢はきっと叶う!


こちらは入場料が必要です。(150円也)
1階はたぶん休憩所だと思いますが、今回はスルーしました。
2階は宝物殿となっています。
展示されているのは、日本刀、琵琶、古文書など、
由緒正しきものばかりです。

その昔、境内には三重塔があったなんて、
ここに来て初めて知りました。
この三重塔は今は兵庫県養父市にある
名草神社というところに移されているそうです。

あっ、そうそう
日本刀と言えば古き時代の出雲の国では、
良質の砂鉄が取れるため、たたら製鉄が盛んでした。
「もののけ姫」の舞台ともなったところです。

境内にはまだ、見所があります。

御本殿を囲う玉垣。そして、玉垣の外側には、
境内の中にさらに結界を張るかのように
瑞垣で御本殿を護っています。
瑞垣の内側は、「おにわ」と呼ばれていて、
ここには、門神社、筑紫社、御向社、天前社
などがありますが、今は工事中で入れません。
もっとも工事はしていなくても、
観光では入ることはできません。

さて、そろそろ隣の神楽殿に移りたいと思います。

下に出雲大社のの案内図を置いておきます。
(クリックしたら拡大します)


$夢はきっと叶う!


このブログで書いている境内の様子等は、僕の主観で書いているので、
観光向けの情報は、出雲大社の公式ウェブページを参考にして下さいませm(_ _)m


<続く>


copyright © 2017 自分を見つめる日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。