Ads by Google


プロフィール

光之助

Author:光之助

100%自分原因説の研究サイト

クリエイティブパワーを使った
願望実現の記録ブログです。


マリアさんの新刊


100%自分原因説の参考書








ほめられサロン


フルベール化粧品のお店

 ザ・マツリヤ

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:思考の確認
どんな状態であろうとも、
人は現状を打破できる潜在的な力、
クリエイティブパワーを持っているといいます。

「絶対に変われるよ!」

と言われて、”わかった”と言ったのは頭。
つまり、思考の世界。

本当にわかったと言えるのは、
ハートで感じること。

ハートで感じること、
それは信じること言ってもいいかもしれない。

すいすいうまく生きている人は、
きっと脳の波長(思考)と心臓の波長(感情)が
同じ形なんだろうな。


スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:思考の送り出し(イメージング)
「人を褒めると思考が今を創り出します。」
「自分を褒め始めると 思考は未来を創りはじめます。」

クリエイティブパワー・メソッドのマリアさんは
ブログでそう書かれています。

おぉ、これは良いことを知った(^^)v

人を褒めるのは照れくさいし、
ふだん褒め慣れていない僕が、褒め始めたら
「大丈夫?」なんて言われそう。(←これも思い込みかも)
犬とか猫は好きだから、すぐに褒められる。

ほんとうは、一番褒めるのが難しいのは
自分に対してなのかもしれない。
とりあえず形だけ褒めることはできる。
でもそれじゃあダメみたい。
本気で褒めないと意味がないそうな。

じゃあ、本気で言ってみよう~!

「僕は、なんて・・・」

で、でてこない(^^;;;

でてこない人は、
ほめられサロンを試してみてください。


参考サイト:
「一瞬で願望がかなって幸せになる方法」
過去に”力”を与えないと不安も不満もなくなる!

DATE: CATEGORY:「100%自分原因説」の研究
テレビのアンテナも
ラジオのアンテナも
呼び水の働きをするための
微量の電波を発信している

と、きのう書きました。

そう、人の感情(信じ込み・思い込み)は、
このアンテナの呼び水のようなもの
なのかもしれません。

怒りを内に秘めている人は、
怒りの電波を発信し、
怒りの番組を引き寄せ映し出す。

幸せを感じている人は、
幸せの電波を発信し、
幸せの番組を引き寄せ映し出す。

これを書きたかったんです、昨日は。


ps.
書きながら思ったんだけど、
幸せを内に秘める人っていないですね。
もしかしたら、幸せを内に秘めてしまうと、
違うものになるのかもしれません。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:思考の送り出し(イメージング)
海辺でお勉強中です~

散歩道の休憩所に座っていたら、
若いアベックが僕の左サイドに、
熟年の夫婦が僕の右サイドに座った。

これは現実、確かに現実!

もうすぐ僕もパートナーと
海辺を歩くことになるんだなぁ~(嬉)


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:「100%自分原因説」の研究
テレビのアンテナも
ラジオのアンテナも
微量の電波を発信していると言います。

そして、その微量の電波の周波数と
テレビ局やラジオ局が発信する周波数が
一致する時、変換機や増幅器を通して
映像や音声としてデータ化し
番組を視聴できる仕組みです。
(でしょ ← 知ったかぶり(^^;;;)

人の想念の世界も
同じような仕組みなのかもしれません。

その人が発信している電波(信念・思い込み)
の通りに宇宙の情報にアクセスして
引き寄せるってシステムなのかもしれないですね。

いいヒラメキだったけど、
うまく文章化できませんでした。

このテーマ、
もう少し勉強してから突っ込んで書いてみます。


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:2011年の随想
100%自分原因説的に見たら
この諺は真理なのかもしれません。

人に言いたいこと、
人について思うことは

人から言われているし、
人から思われている

のだそうです。

でも、受け取り方しだいでは、
他者批判の諺になってしまいますね。
「なに、あの人。や~ね。」
みたいな・・・

なので、ちょっとアレンジしてみよう!

”人のふりこそが 我がふりなのだ”

やっぱ変(^^;;;

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:思考の確認
今までたくさんのメソッドや
先生方にお世話になってきました。

今でも、
クリエイティブパワーメソッド
のマリアさんはじめ
ドリームワープ・マスタースクールの
テリー藤井さん、
ヒーリング、カウンセリング、
キネシオロジー、タッピングなど
それぞれのプロの方々のブログや書籍などを通して
たくさん学ばせていただいています。

僕には、

心や身体の中に眠っている
潜在能力を開発して人生を拓き、
たくさんの人の夢実現のお手伝いをする!

という夢があります。
趣味やボランティアではなく職業としてです。

どうにもならないと思えるほど
こんがらがってしまった人生だって、
自分の力で変えられる、
いや、自分にしか変えられない
と言うことを、
人生に絶望している人たちに伝えてあげたい。

人に伝えながら僕も自己実現していく。
自己実現途上の人間だって、
自分の立ち位置までなら導ける。

やってやれないことはない
やらずにできるわけがない

それがまだ怖くて自信がないのなら、
思考の修正をすればいい

自分に自信がない人は
みぞおちが硬くなっていたり
下丹田が緩んでいたりするようです。

今日出会ったばかりの知識。
人の身体は興味深いですね。

僕は100%自分原因説に合わせて、
こんな身体と心の関連も伝えていきたいです。



テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:2011年の随想
きのう書いた、
ホ・オポノポノのためのコマンドは、
ふと、閃いたことなんです。

それまでは、

「私の潜在意識の中にある
 ”ホ・オポノポノなんて効果がない”
 と思っている原因となっている記憶を
 すべて消去してください。」

というアファメーションをしてから
ホ・オポノポノの言葉を唱えておりました。

「超意識からの答えが
 この、ホ・オポノポノのためのコマンドだったのかなぁ」

ふとそんなこと思いました。

このコマンドを言っていると、
ドキドキと、胸に心地良い感覚が起こります。

僕のインナーチャイルドも

「やっとわかってくれたんだね(^^)v」

そう言ってくれているような気がします。

DATE: CATEGORY:思考の確認
夜中に目が覚めて考え事をしていたら、
ハッと気づき。

あんなに良くしてくれている両親に
ぞんざいな態度を取ったりする自分。
心の中では申し訳ないと思いつつ
素直になれない。

僕は両親の被害者だと
ずっと思ってきたように思います。
ずっとふてくされた子供のまま
大人になってしまいました。

辛い思いをしたり、
社会の中で苦労したりするのは、
家庭環境のせいだと
恨んできたのかもしれません、
無意識の深くに
信念となってしまっているように思います。

確か、心理学関係の本で、
自分と父親の関係
自分と母親との関係
それぞれに問題がある場合は、
社会性で、異性関係で、経済面で
不具合が生じる
みたいな事が書かれてあったような気がします。

親との関係性に問題がある場合、
相似形の問題が他者との関係においても
同様に起きている。
それは間違いないと思います。
少なくても僕にはそれは該当する。

「あなたは悪くない」

カウンセラーにそう言われて、
安心したこともあります。
でも、それはひと時の安心に過ぎませんでした。
問題は時間を変え、環境を変え
起こってきます。

もうこんなの嫌だ、
なんとかしなければ・・・

(そんな探求の中で出会ったのが
100%自分原因説です。)

もしかしたら・・・
両親は見えるカタチをとった
インナーチャイルドの表象なのかもしれません。
ふれあいたがっているんだ僕と。

インナーチャイルドよありがとう
両親を通して教えてくれていたんだね。
今まで、
他者を通してずっと教えてくれていたんだね。



「100%自分が原因」
「100%自分の責任」

僕は
この道を探求していくことを、
そして、この道を
ライフワークとしていくと決めました。


テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:ホ・オポノポノ
ホ・オポノポノ関連の書籍には、
魔法の4つの言葉

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

を唱え続けているだけで、
潜在意識の中の情報がをクリーニングされる
みたいなことが書かれてあるけど、
どうも僕は釈然としない。

ヒューレン博士はそう信じているから
その通りにクリーニングされるんじゃないかな。

ホ・オポノポノの実践で、
劇的な効果があったという人も
ヒューレン博士のその言葉を信じたから
その通りになっているのではないのかな?

そんな仮説を立ててみました。

で、僕は自分流にアレンジしてみました。
(アレンジした時点でもうホ・オポノポノではないですね。)

まず、潜在意識のクリーニングのための
コマンドを決めます。
そのコマンドを送ると、クリーニングが始まるように
インナーチャイルドに覚えてもらいます。
条件付けとも呼びますね。

↓これがホ・オポノポノ的効果が得られるための
アファメーションです↓。

私のインナーチャイルドよ!
私が、「ありがとう」「感謝しています」というコマンドを送ると
アファメーションの通りに
潜在意識をクリーニングするプログラムを実行してください。


その後に、ホ・オポノポノ。

私の潜在意識の中にある、
○○となっている原因となっている記憶(情報)を
すべて消去してください!
「ありがとう」「感謝しています」「・・・」


まずは、ホ・オポノポノのためのドライバを
インストールしてみます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:ホ・オポノポノ
マリアさんのブログ

「一瞬で願望がかなって幸せになる方法」

をいつでも読めるように
プリントアウトして
持ち歩いています。

読んでばかりじゃなくて、やりなはれ!

と突っ込まれそうですね。

なので、「やります!(^0^)/」

まずは、

「ホ・オポノポノ風思考の修正法」

そういえば、
僕がマリアさんのブログに出会ったのは、
ホ・オポノポノのことを調べている時だったなぁ。

と記憶が蘇ります。

「ホ・オポノポノって凄いかも」と思う反面、
ホ・オポノポノの4つの言葉の中の
ネガティブワードの現実化を恐れる自分もいました。
だから、検索して調べていたんですね。

確かにそれを
それを指摘する意見もいくつか見つけました。

美月まりえ(旧名:きとりか)さんは、
気になる人にはと、”逆ホ・オポノポノ”という
4つの言葉をアレンジしたものを提唱されています。
もちろん、ホ・ポノポノ効果を体験してのうえのようです。


『逆ホ・オポノポノ』

愛されています
ゆるされています
愛しています
ありがとうございます



気に入ったらやってみてはいかがでしょうか。

美月まりえさんとは
まだ”きとりかさん”と名乗られている頃に
スカイプでお話をしたことがあります。
ほんわかした感じの楽しい人でした。
久しぶりに、またお話をしてみたくなりました。

美月まりえさんのブログはこちらです。

まずは、ホ・オポノポノ風思考の解除から行っています。



参考サイト:
「一瞬で願望がかなって幸せになる方法」
●ホ・オポノポノのやり方<基本形>

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

DATE: CATEGORY:2011年の随想
去年、クリエイティブパワーメソッドのテキストを購入して、
今年、マリアさんのセッションを体験して、

「よっしゃー」

と過去の思考の修正と
新しい思考の送り出しを決意したのだけど、
時間の経過とともに、
またもとの思考がプカプカと浮かんでは消え(^^;;;

これではいけませんね。

まだ変わることを
拒否している自分がいるようです。

もういいよ。
僕は変わることを選択するから。

というわけで、
100%自分原因説の再検証です。

マリアさんのテキストのことも
もちろんセッション内容の事も
ここには書けません。

ただ、マリアさんのブログには
理論的なことも少し書かれてあるし、
テキストの一部も公開されています。

このブログの「お気に入り」の中の、

『一瞬で願望がかなって幸せになる方法』

をクリックしてもらえば、
マリアさんのブログにジャンプします。
潜在意識をたくさん学んできたけど、
それに対して疑問符を持っている人には、
新しい発見があるかもしれません。

僕はマリアさんを
「心の師匠」
と呼んだり
「100%自分原因説エバンジェリスト」
なんて名乗ったりしているけど、
勝手にそう呼んだり名乗ったりしているだけで
CPMでは非公認なので悪しからず(*^.^*)ゞ

マリアさんのブログとテキストと
個別セッションの記録を頼りに
100%自分原因説の体得を目指します。


 
アクセスアップ
DATE: CATEGORY:「100%自分原因説」の研究
今の現実が苦しいのなら、
それは自分がそう望んでいたから。

望みが叶って今、
「苦しみ」という果実の味を
堪能していると言います。

潜在意識は、自分が望んだ通りに
健気にその願いを叶えてくれている。

そんなバカな(^^;;;

頭では、知識では納得できるけど、
でも、感情的には釈然としない。

「そっかぁ~!」

と納得できていたら、
こんなこと書いてないで
せっせと思考の修正に励んでいるはずです。

僕が100%自分原因説を検証する、
とかなんとか色々考えているのは、
実はポーズで、
本音はまだこの現実を味わいたい、
まだ変わりたくない
そう思っているのかもしれない。

ふとそんなことが思い浮かびました。

潜在意識のそれぞれのパートは
6歳の子供をイメージするとわかりやすいと
マリアさんはブログでそう書かれています。

「大好きなお父さんの願いだから・・・」と、

がんばっている小学生の息子や娘をイメージすると
ほほえましくなってきますね。

「ちょ、もういいよ(^^;;;」
おこづかいあげるから、遊んでおいで。」

「わーい、パパありがとう。」

なんだか微笑ましい光景ですね。

潜在意識は、
機械でもなく、無機的なエネルギーでもなく

”感情をもったリアルな存在”

そう考えたら付き合いやすくなるかもしれません。
僕はそう考えることにします。


アクセスアップ
DATE: CATEGORY:思考の確認
姉が泊まりに来た、パソコンを持って。

キーボードを打つ指使いを見れば、
我流だということがすぐわかる。

パソコン用語を使わすに、
パソコンの取扱いの説明は難しいものですねぇ。
パソコン教室の先生を尊敬します。
教えても教えても、
自分のクセを直そうとしない生徒に
「いらっ」としませんか?(笑)

姉は操作を勘違いしているし、
我流を直そうとしない。
わからない、わからない、ばかりだ!
要望には全部答えたけど、
いっぺん頭の中をクリアーにして、
覚え直した方が早いぜ!
そう思って眠って眠りにつきました。

朝目が覚めてまどろみの中でふとした気づき。

「あっ!自分が人に対して思っていることは、
 自分も誰かからそう思われているんだった。」

世界には”自分”しかいないから、
100%自分原因説から見れば、
僕がパソコン音痴の姉に対しての思いは
誰かに同じ思いを持たれているってこと、
ですよね~

心当たりがあったりして(^^;;;

だからそれを修正すればいい!
ってこんな感じでいいのかな。

僕はこの思考の解除と修正に
タッピングを使ってみたいのです。

効果のほど、また書きます。


アクセスアップ
DATE: CATEGORY:2011年の随想
バレーボール、ゲートボール、野球と
町内会の体育部の仕事が
そろそろ本格的にはじまりました。

問題は選手が集まらないこと。

「ダメ、無理、できない、都合が・・・」

こればっか。

みんな協力し合おうぜ!
と思うけど、
よくよく考えれば僕もよく断っていた。
因果は巡る(^^;;;

やってみないとわからない
運営者の気持ち。

みんな嫌ならスポーツ大会なんて
全部棄権すればいいじゃない
なんて生意気なことを思って自分は未熟者でした。

家庭と地域の発展は文化から!

をキャッチフレーズにがんばるぞ。

お金になるかならないか、
それだけを考えていては幸福感なんて得られないよ。

なんてあんまりこんなこと書いていては、
ただの愚痴になってしまう。

こんな中で参加にオッケーと言ってくれた人には、
手を合わせたい気分。
ありがとうございます(^∧^)

お願いすれば、ふたつ返事でオッケーをもらえるような
そんな人間的な魅力も持ち合わせないとなぁって、
強く感じました。

「あなたのためならば!」

そういわれる人を目指します。
DATE: CATEGORY:2011年の随想
突然姉から電話あり。

「あのね、パソコンの事なんだけど・・・」

やっぱり(^^;;;

この人、パソコン歴は数年あるはずなんだけど、
未だに初心者の域から出られないようです。

プリンターの印刷ができないという事で、
話を聞いてみると、
ドライバをインストールしていない模様。

「ドラッグ?なんだったっけそれ?」

と言うレベルなので
電話ではラチが明かない。

「今度パソコンをもっていくから直して(^∧^)」

と言うわけでまた仕事が増えた。
まあ、頼りにされるのは嬉しいことです。

しかしこの姉は、IT関係全般にとっても弱い。

ツイッターを
健康器具の事だと思っていたのには笑ったです。
何で健康器具と繋がったのかは不明。

ちなみに、この姉と仲良しになったのはつい最近。
途中長い期間の反目の時期がありました。

きっと僕が変わったからなのかもしれません。
いがみ合うのはもう嫌になった。

せっかくのご縁で姉弟になったんだから、
お互い自立しながらも助け合っていこうね。
と言うことで、これからもよろしくお姉さま。

姉は僕がブログを書いていることを知らない。
この記事読んだら、泣くだろうな。

きっと親戚中にこのブログをCMしまくると思う。

それが困るから姉にはブログの事を言えないんだよなぁ。
DATE: CATEGORY:お気に入りの曲
映画「ダーティ・タンシング」の挿入歌。

とっても気に入りました。
良い曲ですね~
ぜひ聴いてみてみて!

"Hungry Eyes"ってどんな意味だろう?
エキサイト翻訳で翻訳してみたら、
「空腹の眼」
そのまんまやん(^^;;;

歌っているのはエリック・カルメン。

おぉ、懐かしい名前。
僕はあんまり聴かなかったけど、
姉が大好きでした。

DATE: CATEGORY:2011年の随想
私は強いむさぼりの心をもっていました。

身体的な快楽を求めれば
ひと時心が満たされて
現実から目をそらすことができました。

何かに依存せずにはいられませんでした。

でも、本心では気付いていたのかもしれません。
それがひと時の満足であったことを。

私の今までの思考は、とてもネガティブでした。
私はそれを正当化するために、
人の言動を心の中で批判し、
そして批判的に見ていることを
他者に知られないようにするために、
心を閉ざして口をつぐんだり、おどけたりして、
本心を隠してきました。

私は人に、
本当の自分の気持ちを知られるのが嫌だったのです。
本当の自分の気持ちを知られることで、
自分を否定されたり非難をされるのが怖かったのです。

心の中のエネルギーは出口がなくて、暴れてきました。
それが、ずっと晴れることのなかった不安の原因なのかもしれません。
私は感情が暴走しないように、いつも力づくで抑えてきましたが、
抑えたエネルギーは自分自身を攻撃します。

私のお金の流れは、私の心と同じく衝動的で不安定でした。

あるがまの等身大の自分を受けれられず、
違う自分になる方法を求めて彷徨いつづけてきました。

でも、もう同じことの繰り返しは止めることにします。
本当の自分と和解し、それを受け入れます。

私は、心のうちに宿る力の存在を知りました。
私の潜在意識の中にある偉大なるパワーは、
私らしさの創造のために役立てることができます。
DATE: CATEGORY:2011年の随想
僕は普段はあんまり音楽の話はしないけど、
かつてはギター少年でした。
意外な一面だと言われることがあります。

中学生の時、
叔父にクラシック・ギターを貰ったのがキッカケ。
「ロマンス」(「禁じられた遊び」のテーマ)をひたすら
練習するお決まりのコース。

やがて、ギター少年はロックに目覚める。
これも定番。

あっ、フォーク派もいた。
ロック派とフォーク派に分かれていましたね。
僕はロック派。

でも目覚めたロックは、
ビートルズでもなく
レッド・ツェッペリンでもなく
ディープ・パープルでもなく
ジミヘンでもなく

英国のアイドルバンド、
ベイ・シティ・ローラーズ。

友達には馬鹿にされたけど、
ポップなメロディは今も好きですよ。

今でも好きな洋楽の曲を10曲挙げなさい
と言われたら、1曲ぐらいはいれるかも。

お年玉でエレキ・ギターとアンプを買って

親には

「うるさい!」
「そんな暇があったら勉強しろ!」

と文句を言われつつ、
テクニックに磨きをかける毎日。

頭の中はギターの事ばかり。

僕の一昔前の世代は、
ギターと言えばアコーステック。

エレキ・ギター=不良(-●-●-メ)

そんな事言われていたみたいですね。
何で不良なんだかわからないけど。

今でも現役の親父ロッカーは、
思わず応援したくなります。

アマチュアだけど、
ヴィジュアル系の親父ロッカーもいたなぁ。
これにはちと引いた(^^;;;
DATE: CATEGORY:2011年の随想
20代の初めの頃、
哲学にはまっていました。

真理の探究というよりも、
その難解さを楽しんでいたのかもしれません。

古代ギリシャ哲学から始まって、
ソクラテス、プラトン、アリストテレス・・・
デカルト、カント、ヘーゲル・・・

片っ端から読んだけど、さっぱり理解できない。
今度は解説書を片っ端から・・・

いったい何がそんなにおもしろかったのか、
さっぱり覚えていません。
今はもうそんな本を読む根性もないです。

今は哲学を学ぶ人は、そんなにでしょうね。
当時もそんなにいませんでした。
何でそんなのを学んでいたのかというと
僕が変な人だから(笑)

本当は、大学に行っていないから
コンプレックスがあったのかもしれません。

ふとそんな昔のことを思い出していたら、

デカルトの有名な
「我思うゆえに我あり」
という言葉が思い浮かびました。

デカルトのこの定理を詳しく知りたい方は、
こちらのウィキペディアをどうぞ。読んだら頭フラフラ


なんで突然にデカルトかというと、
ふとひらめきが・・・

「我思うゆえに我あり」って、
”100%自分原因説”のことじゃないの~!

と思って調べてみたけれど、
デカルトの思考があまりにも緻密で
解読できませんでした。
ただそれだけ(^^;;;

そういえば、
中学の時の女子の会話。
教科書を見ながら・・・

「うわぁ、デカルト めちゃかっこいい。」

「え~、私ルソーのほうが好きっ」

気難しそうな哲学者も
女子中学生にかかればアイドルの一員のようで。

DATE: CATEGORY:2011年の随想
欲が無いというわけではないけど、
僕は欲しい物ってあまり無いんです。

これだけは何が何でも手に入れたい!
それだけの物体はないんです。

あっ、お金は思いっきりほしい!

(ブログを書きながら主張を変えます)

もしかしたら、
お金がないと手に入れられないと
思っているだけなんだろうか?

そりゃあ、
豪邸はいらないけど、
環境のいい場所に
家族と一緒に快適に住める家があれば最高。

カヌーを習って川を下ってみたい
スキューバダイビングもやってみたい。
ハワイに行ってみたい。
自由気ままな旅に出てみたい。
ポルシェやフェラーリを運転してみたい。
仲間と一緒にキャンプを楽しみたい。

欲しいというよりも、
やってみたい事だらけだ。

これらのやってみたい事は、
よく考えてみればお金と=ではないですね。

お金がないと・・・

というのは、錯覚なのでしょうか。

自分とやりたいことの間に、
お金というワンクッションをおいている思考があります。

「~~で(が)無いと、○○できない。」

こんな思い込みが見え隠れしていますね。

本当に欲しいのは、お金なのか?
本当にやりたいことは、お金儲けなのか?

本当はやりたい事があるのに、
お金がないからできないと思い込んではいないか。

お金はその人のエネルギーの象徴というけど、
僕は、その人の自由の象徴と定義したい。

大好きな事をしていれば、
お金は後から付いてくるなんて本に書いてあったけど
本当にそうなのかもしれないですね。

そう信じたいけど、まだ腑に落ちっていない僕は
やっぱりまだ、思考がお金に支配されている。

「気功で氣愛を入れてみようか!」

唐突に脈絡のないことを思う僕m(__)m
想いがゆらゆらカゲロウのよう。
DATE: CATEGORY:2011年の随想
潜在意識にアプローチだとか何とか、
色々書いたんだけど、

結局は自己探求の世界が僕は大好きなのですね。
スピリチュアルもおもしろいと思うけど、
どちらかといえばスピっぽい心理学、
トランスパーソナル心理学みたいなのが好きなのです。

身体の特定のツボをトントントンとタッピングして
感情を開放すると言うエネルギー心理学。
その源流であるキネシオロジー。
武道などなど。

人間の身体って不思議がいっぱい。
小宇宙といわれる所以ですね。

フェロモンを出してモテモテになるってテクニックも
あるんだそうです。
恥ずかしいのでここでは書けません。
でも、これをやってモテモテになっていない僕は、
修行が足りないのでしょうか(笑)

心を扱うカウンセリングは、カウンセラーが必要です。
身体を使ったワークは、ひとりで出来るものもいくつかあります。
僕はできれば自分のケアは自分でやりたいので、
エネルギー心理学を今はマスターしようと思っています。

今の僕の注目は、エナジータッピングというメソッドです。

8月にセミナーがあるようです。
一緒にお付き合いいただける方がありましたら、
どうぞよろしくお願いします。
(ちなみに僕は一般受講生です
 お仲間募集は僕が寂しがり屋だからです(笑))


エナジータッピングのサイト
DATE: CATEGORY:2011年の随想
自分の現在地を知るための質問があります。

「本当に欲しいものはなんですか?」

「本当にやりたいことはなんですか?」

「究極どんな人になりたいですか?」

この3つです。

出典はわからないけど、
夢実現ナビゲーター
佐藤 伝ちゃんに教えていただきました。

魔法の質問なんてあるけど、
僕はどうも質問されるのが苦手。
なんでかとっても苦手(汗)

高価な教材を買ったのはいいけど、
質問だらけで、
「いやだ~!」
ってそのままほったらかしにしてしまったことが
何度かあります。

自己啓発の主流は質問系なのでしょうか?

啓発系の教材を発売される方、
質問だらけなら、ぜひナビ(ヒントとか回答例)を希望します。

質問に答えられない、答えたくない。
そんな人もいます。
たぶん心のどこかにつまりがあるのかもしれません。

質問をされると脳がフリーズしてしまいます。
もしかして、質問に対するイメージが出来ないほどの、
よっぽど強い思い込みの世界に生きているようにも思います。

そこで着目したのが身体を使ったワーク。

「カラダはこころのメッセンジャー」
(今つくったキャッチコピーです。)

身体から心にアプローチするメソッドもたくさんありますね。
気功とかヨガもそのひとつです。

早朝のウォーキングも、とても良いそうです。

「やっぱり男も女も下半身」
ギョッとするようなタイトルだけど、
これ、猪狩大樹さんという
日の出ウォーキングを提案されているかたのメルマガです。

ブログもおもしろいので是非どうぞ

  ↓↓↓

http://ameblo.jp/stastney26/


<続く>
DATE: CATEGORY:2011年の随想
このブログを書き始めたのは、
たしか2007年の夏だったと思います。

思うところあって、
一度このブログの記事は、全部リセットしました。

削除した記事の中に、
僕の高校時代のイジメ体験を書いたことがあります。

その記事を読まれたカウンセラーの澤谷 鑛先生が

「この記事を紹介させてもらってもいいでしょうか?」

とのコメントをいただいたことがあります。
思いがけないお客様にビックリでした。
講演会でも取り上げていただいたようです。
澤谷先生、つたない文章をありがとうございます。
(勝手に、削除してしまいましたm(__)m)

あの時の記事には、
僕は同級生にいたぶられ
ひどい目にあった被害者
みたいなことを書いていたと思います。

今は、「100%自分原因説」
というメソッドを学んで考え方が変わっています。

彼らは僕自身の思考の投影
僕の思考が彼らをいじめっ子という存在に仕立てた

そう考えてみることにしたのです。

イジメで苦しんでいる子達は今もいると思います。
もしかしたら昔よりももっと増えているのかもしれません。

子供の世界だけではなく、
大人の中でもイジメがあることを知っています。

イジメをする方は、
大人も子供もイジメと言う自覚が無いのかもしれません。

僕自身が今イジメを受けたとしたら、
自分の中に原因を探します。
僕の中の今イジメと受けている原因を探します。

彼らに対する僕の憎しみの思いは、
他の誰かが抱いている僕に対する憎しみ。

とてもおとなしくて物静かだった僕は、
他人からこれほどまでに憎まれる覚えは無い。
あるとしたら・・・
とても近いところにいるのかもしれない。
僕はその人に対して、
それほどまでに憎まれることをしていたんだなぁ。

心当たりが無いことはない。
まだまだ100%自分原因説は腑に落ちていないけど、
少しずつ分かってきたようにも思います。
でも、本当に解かったといえるのは
思考を超えた世界を体験して体と思います。
思考を超えた世界を体得するには
瞑想しかないのかもしれません。

僕はまず自分を救いたい。
だから色んなことを学んでいます。
この学びが誰かのお役に立つのなら、
きっとそれが天職になるのかもしれません。
DATE: CATEGORY:2011年の随想
今日もコンビににセブンスターは無かった。

仕方ないからマルボロでがまん。

タバコなんて止めたい!
タバコなんて止めよう!

そんなこと言いつつも、
吸い続けて数十年。

去年の大幅値上げの時は止めるチャンスだった。

隣のおじさんは禁煙外来に行って止めたと言う。
姉貴も止めたと言っていた。

がっ、また吸っている。

タバコを吸わない人にはわからないこの気持ち。

今、再び禁煙の機会がやってきた。
人気銘柄のセブンスターが品薄になっている。

今しかない!(って前にもどっかに書いたような)

切れるのが分かっていたけど、
あえてタバコを買わない日もあった。
この箱が無くなったら止めるんだ!って。

これが最後の一本だ、さよなら~

一時間もしないうちにイライライライラ。

しまいには、ゴミ箱をあさって長めの吸殻を見つけて
プカ~( ´ー`)y-~

われながら
ゴキブリかよと突っ込みたくなる。

禁煙挫折者が相次ぐ中、
父は奮闘している。

周りの誰よりも意志薄弱だと思っていた
あの父が・・・タバコを止めている。

父よ、小馬鹿にしていてゴメンナサイ。
後に続きます。

ちょうど先月、エナジータッピングのセミナーを受講して
禁煙に使えるテックニックを教えてもらっていたっけな。
そろそろ試してみようか。

タバコを止められない、自分を心を観察してみると、
止めることへの恐れの感情があることに気づきました。
タバコは我慢をして止めるのは
好ましくないのかもしれません。
(言い訳に聞こえますか(汗))

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記


copyright © 2017 自分を見つめる日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。